バズワード、♯Graebert19 って何?

クラウドやモバイル、さらにBIMテクノロジーによって、DWG編集CADソフトウェアは、新たな時代に突入しました。CADツールの発展に全力で取り組むグレバートは、グレバート年次総会2019において、競合他社に明確な差をつける新たなチャンスをご提供します。

2019年11月20日ベルリンにて開催される「グレバート アニュアル ミーティング 2019」には、各国のCAD専門家たちが基調講演やリポート、製品ニュースなどを発表します。会場は KöniglichePorzellanmanufaktur Berlin、略してKPMとして知られる旧王室磁器工場です。

11月20日のツイッターで、ハッシュタグ#Graebert19をフォローすれば、ライブの臨場感そのままに基調講演の最新情報がご覧いただけます。

参加者の皆様には11月21日グレバートのベルリン本社にて、Graebert GmbH社の役員や専門家たちと交流を深めていただく機会を設けました。グレバートのデスクトップ、モバイル、クラウドのCADソフトウェアがいかにビジネスに有効であるか、ぜひ、熱いディスカッションにご参加ください。

グレバートでは、ほぼ例年にわたり、CADソフトウェア・ユーザーの皆様が抱える問題にソリューションを提案してきました。本年の♯Graebert19 では、次のようなトピックに注視しています。

+モバイルやクラウド技術がCADのワークフローに与える付加価値

+SaaS変換方程式のスムーズな解答

+BIMとCADユーザー間のコラボレーションの促進

グレバートは、これらすべての最新テクノロジー利用に関わるプラットフォームでありたいと願っています。


♯Graebert19会場は、レンガ造りの歴史ある風情漂うKPM(旧王室磁器工場)


♯Graebert19 の基調講演は、通称KPM、ベルリンのKönigliche Porzellanmanufakturにある旧磁器工場ホールにて開催されます。ベルリンの中心に位置するオリジナルのレンガ造りの建築、天井の高いインテリア、歴史ある佇まい– KPMは、現在も稼働している市内最古の工芸品企業です。

手作りの磁器を専門とするKPMは、ベルリン市内中心部で最も歴史的に重要な工業地帯の1つであり、その魅惑的な活気で訪問者を出迎えてくれます。

KMPにて開催される♯Graebert19では、プロシアの歴史と伝統に魅了されながら、グレバートが提案するCADの未来を学ぶことになるでしょう。


POSTED ON 24 OCTOBER, 2019 BY GRAEBERT