ARES SDK

開発者向け – Software Development Kit (SDK)

ソフトウェア開発キット「ARES SDK」(以下、「SDK」)といいます)を使用になるまえに必ずお読みください。
当社では、SDK を提供するにあたり下記の使用条件に同意頂くことを使用の条件とさせて頂いております。本ソフトウェアを使用する前に必ず下記「使用条件」をお読みください。

使用条件

第1 条(本使用条件の目的)

本使用条件は、当社が、SDK を次条に定める使用者に提供するにあたって、SDK に共通に適用される使用条件を定めることを目的とします。

第2 条(定義)

  1. 「使用者」とは、SDK を使用する者をいいます。
  2. 「対象製品」とは、当社が販売するソフトウェア製品である「ARES」をいいます。
  3. 「ライブラリ」とは、SDK に含まれる、対象製品の制御機能を有するオブジェクト形式のプログラムをいいます。
  4. 「API 仕様書」とは、SDK に含まれる「ライブラリ」が有する外部プログラムとの連携機能の仕様を記載したドキュメントをいいます。
  5. 「サンプルプログラム」とは、SDK に含まれるライブラリとの連携機能を有するソースコード形式のプログラムであり、使用者が使用者プログラムを開発する際の見本として当社が使用者に提供するものをいいます。
  6. 「改変プログラム」とは、第3条 第2項 第2号に基づき使用者が作成するプログラムをいいます
  7. 「使用者ソフトウェア」とは、使用者が開発し、対象製品の制御機能を有するソフトウェアをいいます。
  8. 「ユーザー」とは、使用者ソフトウェアを使用する者をいいます。

第3 条(使用者の許諾)

  1. 当社は、使用者が使用者ソフトウェアの開発および改修を実施することを目的としてAPI 仕様書に記載の情報を使用することを許諾するものとします。
  2. 当社は、使用者に対して、ライブラリおよびサンプルプログラムに関する以下の権利を提供するものとします。
    1. ライブラリおよびサンプルプログラムを、使用者ソフトウェアを開発する目的で使用者のコンピューターに複製する権利。
    2. サンプルプログラムを、使用者ソフトウェアを開発する目的で改変し、またはサンプルプログラムに依拠して他のプログラムを開発する権利。
    3. 以下のプログラムを使用者ソフトウェアに組み込む権利。
      1. ライブラリ
      2. 改変プログラム
    4. 使用者ソフトウェアを複製し、該当複製物を譲渡(有償無償の別を問わない)し、貸与し、または公衆送信するなどの方法によりユーザーに提供する権利。
    5. 前号に基づき使用者ソフトウェアを提供したユーザーにその使用を許諾する権利。

第4 条(許諾期間)

前条に定める使用許諾(以下「本使用許諾」という)の期間は、使用者が本使用条件に同意した時点から1年間とします。ただし、該当期間満了の30 日前までに当社または使用者のいずれかにより別段の意思表示が無い限り、本使用条件は同一条件を以って1年間更新するものとし、以後も同様とします。

第5 条(禁止行為)

使用者は対象ソフトウェアおよび SDK に関し、以下の各号に定める事項を行わないものとします。

  1. API 仕様書に記載された方法と異なる方法を用いて対象製品の制御機能を有する使用者ソフトウェアを対象ソフトウェアと連携させること。
  2. 本使用条件第3条の各号に定める事項以外の目的に API 仕様書に記載の情報またはサンプルプログラムを使用すること。
  3. API 仕様書に記載の情報を用いて、対象ソフトウェアに対して改造、または逆コンパイル、逆アセンブルを含む何らかのリバースエンジニアリングを実施すること。
  4. 当社の事前の書面による許諾無く、使用者ソフトウェアの開発、改良、頒布または実施許諾を第三者に許諾すること。
  5. 当社の事前の書面による許諾無く、委託先を除く第三者に対してライブラリ、サンプルプログラムおよびAPI 仕様書を譲渡し、貸与し、またはAPI 仕様書に記載の情報を開示すること。
  6. 当社の事前の書面による許諾無く、ライブラリ、サンプルプログラムまたは改変プログラムを単体で委託先を除く第三者に対して、譲渡し、貸与し、開示し、または使用許諾すること。
  7. 当社の事前の書面による許諾無く、当社の商標を使用ソフトウェアまたはその広告などに付すこと。

第6 条(当社によるサポート)

使用者が、API 仕様書およびサンプルプログラムの内容または使用者ソフトウェアの開発について、サポートを希望する場合、当社は有償にて使用者に対してサポートを提供することができるものとします。なお、該当サポートの内容および条件については、別途使用者と当社が契約を締結することにより定めるものとします。

第7 条(権利の帰属)

  1. 対象ソフトウェア、API 仕様書、ライブラリおよびサンプルプログラムにかかる産業財産権、著作権、営業秘密等の知的財産権(以下、「知的財産権」という)の一切は当社に帰属し、本使用条件の締結またはAPI 仕様書の引渡によってその権利が使用者に移転することはありません。
  2. 改変プログラムにかかる知的財産権の一切は、使用者に帰属するものとします。ただし、当社は、改変プログラムに関して、著作権法第28 条に定める二次的著作物に対する原著作者の権利を引続き有するものとします。
  3. 使用者ソフトウェアにかかる知的財産権の一切は、使用者に帰属するものとします。

第8 条(当社の責任範囲)

  1. 当社は、SDK を現状有姿で使用者に提供するものであり、API 仕様書、ライブラリおよびサンプルプログラムについて、その内容に誤りが無いこと、使用者の事業に有用であること、使用者ソフトウェアが正常に動作する事およびAPI 仕様書に記載の情報およびサンプルプログラムが第三者の権利を侵害しないものであることを含み、API 仕様書およびサンプルプログラムに対して何ら保証を行わないものとします。
  2. 当社は、API 仕様書に記載された情報を使用して、もしくはライブラリ、サンプルプログラムまたは改変プログラムを組み込んで作成された使用者ソフトウェアの使用または使用不能から使用者に生じたいかなる被害に関して一切責任を負わないものとします。
  3. 当社は、使用者ソフトウェアの機能、品質、ユーザーにとっての有用性等、使用者ソフトウェアについての一切の責任を負わないものとし、使用者ソフトウェアに起因してユーザーその他の第三者から当社に対して問合せ、不具合の改修要求もしくは何らかの訴え、異議または請求等(以下、「請求等」という)があった場合であっても、当社は一切の対応を行わず、かつ、免責されるものとします。

第9 条(使用者の責任)

  1. 使用者は、使用者ソフトウェアに関して対象製品の制御機能が正常に動作することを当社に対し保証するものとし、当社が使用者ソフトウェアの対象製品の制御機能における不具合を発見し、または、使用者ソフトウェアが当社にとって不利益となると認め、その旨使用者に通知した場合、使用者はただちに当該ソフトウェアの不具合を改修し、当社に通知するものとします。
  2. 前項において、当該不具合が重大である場合等、当社が使用者ソフトウェアの公開を中止する必要があると判断しその旨使用者に要求した場合、使用者はただちに使用者ソフトウェアの公開を中止するものとします。なお、この場合、当社は催告なく本契約を解除するとともに、使用者に対して、使用者ソフトウェアの回収を要求できるものとします。
  3. 使用者は、前条第3 項に定める第三者からの請求等があった旨当社より通知があった場合、自らの費用と負担でこれを解決するものとします。
  4. 前項にもかかわらず、第三者からの請求等の対応において当社が費用(当社が第三者に支払った賠償のうち当社が合理的と判断する範囲を含む)を負担した場合、当社は当該費用について使用者に支払いを請求できるものとし、使用者はそれに従うものとします。

第10 条(機密保持)

使用者は、ライブラリ、API 仕様書およびサンプルプログラムを善良なる管理者の注意をもって管理し、これを目的の如何にかかわらずいかなる第三者に対しても直接間接を問わず開示しないものとします。

第11 条(解除)

  1. 使用者が次の各号のいずれかに該当した場合、当社はなんら通知、催告を要せずただちに本使用許諾の全部またはその一部を解除できるものとします。
    1. 本使用条件により生じる債務を履行せず、相手方が相当の期間を定めて催告したにもかかわらず、なお履行しないとき。
    2. 不正の行為をなし、または相手方の職務の履行を妨げたとき。
    3. 差押、仮差押、仮処分を受け、もしくは破産、任意整理手続、会社更生手続または民事再生手続開始の申し立てがあったとき、もしくは清算に入ったとき。
    4. 解散を決定し、または営業の全部もしくは重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき。
    5. 当社の信用、名誉を毀損し、または当社からの信用を失わせる不当な行為をしたとき。
  2. 当社は、使用者が前項各号に該当したことによって当社に生じた障害について、使用者に賠償を請求できるものとします。

第12 条(契約終了後の義務)

本使用許諾が終了した場合、使用者は、ただちにAPI 使用者、ライブラリ、サンプルプログラム、改変プログラムおよびそれらの複製物の一切を破棄するものとします。

第13 条(存続条項)

本使用許諾が終了した場合であっても、本使用条件第5 条、第8 条、第9 条、第10 条、第12 条、第14 条、第15 条は、引き続き有効に存続するものとします。

第14 条(債権・債務の譲渡禁止)

当社および使用者は、相手方の事前の承諾を得ることなく、本使用条件における権利または義務の全部またはその一部を、第三者に譲渡してはならないものとします。

第15 条(紛争解決)

本使用条件に起因して生じた紛争の解決に起訴の必要性が生じた場合、当社および使用者は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

株式会社 グレバートジャパン

ダウンロード

以下のファイルをダウンロードした時点で、上記「使用条件」にご同意頂いたものといたしますので、同意頂けない場合は、ダウンロードなさらないでください。

日本語ドキュメント

セットアッププログラム