Standard と Commander 比較

ARES Standard = JDraf 相当(Windows のみ)
ARES Commander = マルチプラットフォーム、3D、Trinity ライセンス

Commander Standard
ライセンス方式
永久ライセンス
ネットワークライセンス (*1)
1年ライセンス (*2) ×
標準 CAD 機能
DWG / DXF 作成 & 編集
日本仕様
JTools – JDraf 拡張コマンド
JWW
SXF
Trinity 連携
クラウドストレージパレット ×
ARES Touch × (*3)
ARES Kudo ×
ACIS サポート
2D リージョン ×
3D ソリッドモデリング ×
その他
幾何拘束・寸法拘束 ×
拡張ツール – Extra Tool ×

(*1) ネットワークライセンスは 3ライセンス以上からお求めいただけます。
追加ライセンスは、1ライセンスよりお求めいただけます。

(*2) ネットワークライセンスに 1年ライセンスの設定はありません。

(*3) ARES Standard 2017 に付属していた ARES Touch は、ARES Standard サブスクリプション終了とともに終了します。継続してご利用になるには、ARES Commander サブスクリプションにて、ライセンスを更新ねがいます。

ご不明な点がございましたら、こちらより「お問い合わせ」ください。